ハンガリーに旅行・滞在する人のための総合情報サイト

MENU

ハンガリーの四季

2017年の祝日

今年は日曜日と重なったり週の真ん中だったりするため、去年より連休が少ないです。

1. 3/15(水) (独立記念日)
2. 4/16(月) (イースター)3連休4/14から4連休
3. 5/1(月) (メーデー)3連休
4. 6/5(月) (聖霊降臨祭)3連休
5. 8/20(日) (建国記念日)
6. 10/23(月)(共和国宣言の日)3連休
7. 11/1(水) (万聖節)
8. 12/24(日)-26(火)(クリスマス関連)4連休
9. 1/1(月) (元旦)3連休

いちご寒くて長い冬を経て迎える春です。暖かくなるとみんな散歩に出たり、カフェもテラスが準備されて春を待ち望んでいたのがわかります。春のイベントは復活祭(フーシュベート)。カトリック信者の多いこの国では、クリスマスの次に重要です。田舎ではlocsolásという男性が女性に詩を詠み、水や香水をかける習慣があります。

なお、4月はアスパラ、5月6月は苺やさくらんぼが美味しい季節です。この時期に果物はジャムにしたり、種を取って冷凍して保存用にします。
主なイベント:
3月15日 独立記念日
3月末  夏時間開始
3月末-4月中旬  復活祭(イースター)
5月   聖霊降臨祭

真夏は30度を超える暑さとなり日差しもかなり強くなります。水着姿や上半身裸で庭仕事したり車を洗うを人たちを道端でよく見かけます(最初は驚くけどそのうち慣れます…)。冬が寒く長い分、夏は屋外で各コンテストやフェスティバル等のイベントが多いです。8月20日の建国者聖イシュトバーンの日も各地で花火・イベントが行われます。

秋・冬

雪景色秋は短く10月に入ると朝晩はかなり冷え込みます。長い冬の始まり。この時期のイベントは1年で最も大切なクリスマス。だいたい親戚一同集まって祝い、カトリックの場合深夜は教会に行きます。

主なイベント:
10月23日 共和国宣言の日
10月末  冬時間開始
11月1日  万聖節
12月6日  サンタの日(Mikulás/Szent Miklós)
12月25日 クリスマス

ハンガリーのクリスマス・お正月

クリスマスクリスマスの4週間前からアドベントが始まり、同時期頃から各地でクリスマスマーケットが開催されます。年々商業化してきているため、11月の万聖節を過ぎた頃からスーパーではクリスマス商戦が始まります。

なお、12月6日は聖ニコラウスの日で、子どもたちは窓際にブーツを置いてサンタさんを待ちます。子どもたちがその年良い子であった場合は、ブーツはキャンディーやチョコレートで一杯になっているはず。悪い子だった場合は、来年は良い子でいるようにと戒めとしてお仕置き用の小枝などを一緒に受け取ることも。この日は子供のための日で、学校や職場に子供たちのためにお菓子をもったサンタが登場します。

一方、ハンガリーのクリスマスにやって来るのはサンタさんではなくて小さなイエズス様。ツリーの下にプレゼントを置いておき、24日または25日に家族・親戚で集まった際に一緒に歌を唄った後にプレゼント交換します。

こうしてみるとアメリカなどとは異なり、キリスト教の国らしくクリスマスはあくまでイエズス誕生を祝うものであることがわかります。食事もターキーを食べる習慣はなく、24日はお魚料理(ハラースレーやフライなど)、25日はロールキャベツを食べるのが一般的です。

クリスマスは家族で過ごすものですが、大晦日は友人や恋人たちと集まって新年を祝います。(でもって何故だかVisli というソーセージを食べます。)この日は花火が許可されており、川辺などで大型花火があげられたり、爆竹が使われます。

また、新年には、豊かな1年になることを祈りレンズ豆の料理を食べる習慣があります。
 

VELTRA
  • twitter

Copyright©ハンガリー旅行入門 2017 All Rights Reserved.