ハンガリーに旅行・滞在する人のための総合情報サイト

MENU

ハンガリーの病院・薬局

*基本的に丈夫に出来ているため、あまりお世話になることがなく情報に乏しいです…。ごめんなさい。*

ハンガリーの病院

1333726219_hospitalこちらで保険料を納めていれば、公立病院での医療費は基本的に無料です。自分が住む地域の診療所に保険証(TBカーチャ)を持って行ってホームドクターとして登録してもらい、その後はそのドクターにかかります。ただ、緊急の場合は救急病院で診てもらえます。
(なお、付き添いで行ったことしかないですが、診療所の待合いはカオスでした。予約制でもなく受付があるわけでもなく、とりあえず行ってひたすら待つ。順番は患者同士が覚えていて『あの青いシャツの人が先だ』とか言って、来た順に診察を受ける仕組みです。受付表とか何か合理的なシステムを考え出そうという雰囲気も全くないのが不思議な感じ。田舎だからかもしれません。)
出張等の場合で保険料を納めていない場合は公立病院でも有料となるので、旅行保険等に加入しておく必要があります。ただその場合は断然私立に行かれた方がよろしいと思われます。外務省ハンガリーのページに英語の通じるブダペストの病院情報が載っています。

なお、ブダペストに駐在されている方のブログ病院関係記事が参考になります。
Budai ホスピタル
FirstMed Budapest
RMC

健康保険

*下記私が調べた時点でのことです。各自ご確認ください*
外国人が滞在許可をもらってこちらに住む場合、滞在許可を得てから1年は毎月50,000Ftの保険料を支払えば保険証を発行してもらえ、基本的に医療費はタダです。i)その1年の間に企業に勤めるあるいは個人事業主となる場合、ii)その1年の経過後はハンガリー人と同じ支払いで済みます。

(最初の1年、毎月日本円で約2万円の保険料を支払うなら日本出発時点で長期旅行保険に入られておいた方が安いですし、私立の医療を受けられるので良い気がします。)

ハンガリーの薬局

kusuri 1白地にミドリ十字の看板があるお店が薬局(gyógyszertárジョージセルタール)です。日本のように自分で薬を選んでレジに持参するというより、基本的にカウンターで症状を説明してそれに見合うものを出してもらうという形式です。粒が大きくて飲みにくかったり、強かったりするので、常用する薬がある場合は持参した方がよいかもしれません。なお、労働者健康福祉機構の2008年版ハンガリー版簡易薬剤対比表が参考になります。(こちら)

痛み止め

kusuri 2上記対比表にもありますが、ASPIRINが日本でいうバファリン、ALGOFLEXが日本でいうイブに相当するようです。粒が大きくて飲みにくいですが、どちらも効き目はよいです。あと、最近私が利用するのは非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤『カタフラム(Cataflam)(25mg/50mg)』です。小粒で飲みやすい。

喉が痛いときは

strepsilsを舐めてると結構治ります。のど飴ですが、薬用なので薬局でしか手に入らないようです。日本でいうとヴィックスドロップみたいなものでしょうか。1日4-5粒くらいまでだと思いますが、個人的には効くと思います。味も強さも数種類あります。

 

口内炎ができたときは

gyogyszerハンガリーに来た当初、食生活が変化したためか何回かできましたが、この薬ですぐ治りました。日に数度患部に綿棒でつけます。

風邪をひいたら

ハンガリーの民間療法というのか風邪をひいた場合の対処は、ひたすらハーブティ(はちみつ入り)を飲むことです。日本では病気になったらお粥を食べますが、こちらではハーブティ+ビスケット(乾パンみたいなやつ)。また、洗面器に熱湯+カモミールを注ぎ、頭からバスタオルをかぶって蒸気を吸うというのもやります。鼻通りも良くなり風邪が治りやすい模様です。カモミールは殺菌効果もあるので、お肌にも良さそうですよ。

病気にならないためには?!

病気にならない秘訣をこっそりお教えします。それは、ズバリ!

『病気にならない!』と決めることです。

「はぁ?」と思いましたね。まぁ聞いてください。

自分が病気にならない、常に健康でいると決めるとですね、自分の体に気をつけるようになるんですよ。『ちょっと疲れたな』とか『だるいな』と思ったら無理せず休むようになりますし、体力がつきそうな食事を取るようになります。だいたいの病気は免疫が下がった時にかかりますから、それを事前に防げるんです。

なぁんだ大したことないじゃん、て思ったでしょうがこれ意外にできなかったりします。頑張り屋さんはついつい無理しちゃいますから、ちょっと気をつけてみて下さい。きっと『あれ、最近風邪ひかないな』と気づくはず。たぶん。。。(私はどうしてもこの国の病院に行きたくない!がために、こうして健康維持してます^^;)

(超余談ですが、医療費無料(というか税金ですが)というのは個人的には反対。どうせタダで見てもらえるからって皆簡単に医者にかかるんですよねぇ。それよりある程度負担をかければ、国民は普段から健康に気を使う生活するのではとか思います。まぁ外国人の戯言ですね。)

VELTRA
  • twitter

Copyright©ハンガリー旅行入門 2017 All Rights Reserved.