ハンガリー刺繍の基本

ハンガリーでは刺繍が有名というけど一体どんな刺繍があるのさ、と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。そういう方のため、とりあえずこれを押さえておけばOKという代表的な刺しゅうを下記ご紹介いたします。

ハンガリー刺繍地図

カロチャ

カロチャ刺繍
先ずは何といってもカロチャ刺繍でしょう。可愛さというよりエレガントさのある刺繍です。F1レーサーのジェンソン・バトンがカロチャデザインのレーサー服を着たり、ニコール・キッドマンがカロチャデザインのワンピースを着ていたりしたことからまた再注目の刺繍です。ここはパプリカでも有名な町でして、カロチャ刺繍といえば細長いパプリカの絵柄が入っていることが多いです。そんなカロチャの刺繍ですが、もともとは2色使いまたは3色のシンプルな刺繍だったようで、今の色鮮やかなデザインになったのは比較的後になってからのようです。行ったことがないので、いつか行ってみたいと思います。

マチョー

マチョー刺繍
ぷっくりしたお花が特徴のマチョー刺繍。本来は濃いめの生地ににぎっしり生地が見えないほど刺繍されていたようです。(ですが個人的には白地に赤の刺繍が少し入ってる感じが好きです。)こちらも2012年ユネスコ世界遺産に指定されたことから再び注目を集めている刺繍です。

べレグ

べレグクロスステッチべレグ地方ははクロスステッチが有名な地域でして、日本でも人気のある刺繍です。衣装用の刺繍ではなく、ベッドリネンやふきんなどの布類に施された刺繍です。お花や鳥をモチーフとした白地に映える青と赤のデザインは、今も色褪せることのない洗練さがあります。

その他、ブジャーク、パローツなどなど地域ごとに特徴ある図案やステッチがあります。まぁそうは言ってもハンガリー人であればみんな刺繍に詳しいってこともなく、最近は特に若い世代は刺繍する人もほとんどいないですし、図案を見てこれはどこのだと答えられる人も少ないようです。着物を着たりお茶やお花を嗜んだりする日本人が少ないのと似たような現象ですね。

Sponserd Link


公開日:
最終更新日:2013/09/19

Sponserd Link

クロスステッチ図案
クロスステッチ図案2 初心者向き

今回は初心者向きの簡単なクロスステッチ図案(ブルー系)をいくつかご紹介

no image
クロスステッチ図案を紹介するサイト

たぶんこれだけのクロスステッチ図案を紹介してるサイトって他にないのでは

→もっと見る

PAGE TOP ↑