ハンガリーに旅行・滞在する人のための総合情報サイト

MENU

王宮の丘

ブダペストに来たら必ず行くべき場所です。悪いことは言いませんから行ってください。
ブダの丘とドナウ河岸は世界遺産にもなっています。まぁそりゃ美しいです。お天気がいい場合のお昼、それに夜も素敵です。

現地オプショナルツアー ドナウ川ナイトクルーズ<ホテル送迎付/夕食付/ブダペスト発>
icon

くさり橋

鎖橋鎖橋鎖橋


王宮の丘のふもとに掛かるブダとペストを初めて結んだ橋で、ブダペストのシンボルです。セーチェニ・イシュトバーン伯爵がブダ側で行われる自分の父親の葬儀に出席できなことをきっかけに『そうだ、橋を造ろう』(と言ったかは定かではないです)と提唱して実現した橋。その後壊されたり修復したり何やら数々の歴史的な出来事と深く関係ある橋。橋の両側に合計4頭のライオンがたたずんでいますが、このライオンたちに舌がないことを周囲に指摘された橋の建築家はそれを苦に自殺したという逸話が残っています。王宮の丘のふもとからペスト側に掛かり、歩いて渡ることも可能です。そう長くないので、お天気がいい場合はお散歩がてら歩いて渡るのもいいと思います。ドナウ川の真ん中から見るブダペストの景色もまた綺麗です。

王宮

王宮王宮王宮


モンゴルの来襲後13世紀半ばに建てられた後、増改築を重ね中欧ルネッサンス中心地になった場所です。その後大火災や戦争などで破壊・修復が繰り返され、1950年代になって現在の形状に。現在は美術館や博物館として利用されています。

マーチャーシュ教会

マーチャーシュ教会マーチャーシュ教会三位一体像


700年以上の歴史をもつ教会で、ハプスブルク帝国のフランツ・ヨーゼフ皇帝と王妃エリザベートが戴冠式を行ったことでも有名。途中トルコの占領下ではモスクに改装されたり戦時下で打撃を受けたりとこれまた歴史に翻弄された建物です。陶磁器で有名なジョルナイ製の屋根や内装のステンドグラスは一見の価値あり。定期的にオルガンコンサートが開催されています。

漁夫の砦・聖イシュトバーン騎馬像

イシュトバーン像漁夫の砦ドナウ

漁夫の砦はマーチャーシュ教会改築時に造られたもので歴史的には100年ほど。この地域を守っていた漁師たちを記念して名づけられたとか。また、砦の南端にハンガリー初代国王の銅像があります。とにかくここからのドナウ川・ペスト側の景色を見ずに帰ってはいけません。必須。

ウィーン門

ウィーン門周辺ウィーン門周辺ウィーン門周辺

王宮の丘の北の出入り口。ま、なんてことない門。ですが、ここからマーチャシュ教会方面に至る数本の通りは建物自体カラフルで可愛いものが多く、お洒落なレストランなんかが並んでいて素敵です。ちょっと歩いてみるのもいいもんです。

王宮の丘でお買い物

王宮のお店

王宮のお店王宮のお店

マーチャーシュ教会周辺には小さなお土産屋さんがいろいろと並んでいます。また、ヒルトンの前の通り沿いにあるVörös Sün というお店は日本人観光客御用達のお店のようです。ツアーで来た場合、ここで貸切でお買い物をするケースが多いと思います。日本円が使える上に日本人好みのお土産が揃ってます。ただ、なんせ貸切されちゃうから入れない…。

王宮の丘への行き方

アーダーム広場アーダーム広場アーダーム広場


ペストから橋を渡った丘のふもとにはくさり橋の建築家の名前をとったクラーク・アーダーム広場があります。そこから、ケーブルカー、バスで上ることが可能です。

王宮の階段王宮の階段王宮の階段

なお、王宮下にあるトンネルの脇から階段があり、徒歩で上ることも可能です。緩やかな坂なので(その分長くなる)散歩がてらにはいいかもしれません。が、夏日はおススメしません…(経験あり)。

王宮裏側


ブダペスト南駅のある丘の反対側からも階段が各所にあり、歩いて王宮へ行けます。ちょっと階段が急なので、下りをおススメします。

*と、書いたのはいつのことだったか…。王宮周辺綺麗に整備されて階段やエレベーターなど出来ていたので、晴れた日に写真を撮りつつ記事を修正したいと思います。。*

VELTRA
  • twitter

Copyright©ハンガリー旅行入門 2017 All Rights Reserved.