ハンガリーに旅行・滞在する人のための総合情報サイト

MENU

一般的ワインの豆知識-味わい編-

味わいの種類

tasting

ワインの味わい成分は『甘味・酸味・渋み・苦味』の味覚です。甘みと酸味は相対関係にあり、甘味が多いというのは糖分とアルコール分が多く、酸味が強いのはそもそも糖分が低くそれゆえアルコール度も低くなります。また、酸味は渋みや苦味を強調します。

味わいかた

個人的にはまぁ『美味しい』『飲みやすい』で終わるんですが、一応お作法があります。

最初からごくごく飲まず、

    1)先ずは色や透明感などの外観チェックをします。
    2)そして、次に飲みたいところをこらえて香りをチェックです。グラスについだ後すぐ、そしてグラスを回して酸素を含ませてさらにもう一度嗅ぎます。
    3)その後やっと味わいに入ります。

が、ここでも最初からごくごくいってはいけません。

    ① 少し口に含み『爽やか』『丸みがある』といった第一印象(アタック)をチェックします。
    ② その後、そのまま口に含んだまま、甘味・酸味・渋み・苦味を感じ取ります。また、酸味と甘みのバランスやアルコールによって感じるボリューム感(ボディ)をチェックし、飲み干した後に余韻をチェックして終了です。

本気でワインをテイスティングするとなると、結構いろいろ忙しいんですね。

ワインと料理

food

お肉は赤、お魚は白とは言われていますが、それだけではないようです。

素材で分けることも可能ですが、例えばまぐろの漬けのような濃い味の料理にはコクのある赤ワインが合ったり、お肉でもレモンの効いた焼き鳥にはすっきりした白ワインが合うといった具合に素材ではなく味付けで組み合わせることも可能です。

困ったときはお料理とワインの色や味付けに共通点を見つけるといいようです。たいてい茶色系の料理は煮込み料理などこってりコクのある場合が多いため赤ワインを、色合いが濃くない場合は塩コショウなどでシンプルに調理されたものが多いため白ワインをといった具合です。

<組み合わせ>
軽白 中・重白 軽・中赤 重赤
シンプルな料理。
レモン・オリーブオイル・塩コショウによる味付。
鶏肉・魚介 揚げ物やマヨネーズやバターなどを使った少しこってりした料理。
鶏肉・豚肉・魚介
肉じゃが等和食・トマト系煮込み等。肉全般・赤みの魚 ステーキやすき焼き。牛肉・鴨等
VELTRA
  • twitter

Copyright©ハンガリー旅行入門 2017 All Rights Reserved.