ハンガリーに旅行・滞在する人のための総合情報サイト

MENU

北部山脈地域

エゲル

Eger vineyard © by Elin B

ハンガリー国内の有名ワイン産地の一つです。ブック山の南斜面に位置し、約5,000ヘクタールでぶどうが栽培されています。大陸性気候で、北部に位置するため他のワイン産地より冷涼で乾燥しています。土壌は石灰岩、流紋岩、褐色森林土で、赤ワインだけでなく優れた白ワインも生産されています。

栽培されている主な白ブドウ品種:シャルドネ、レアーニカ、リースリング、オットネル・ムシュコターイ
栽培されている主な黒ブドウ品種:ケークフランコシュ、カベルネ・フラン、メルロー、ピノ・ノア

有名なエグリ・ビカヴェールは、ケークフランコシュをベースにその他の品種とブレンドして造られます。ブレンドに使用されるのは、一般的に、カベルネ・フラン、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョンで、たまにカダルカやピノ・ノアが使用されます。エグリ・ビカヴェールは、少なくとも3種の黒ブドウがブレンドされ、少なくも6ケ月オーク製の樽で熟成される必要がある旨ワイン法で定められています。

エゲルの有名なワインセラー:St Andrea, Gróf Buttler, Gál Tibor

ブック

Bükkszentkereszt © by kismihok

ブック山の周辺はハンガリーで最も美しい地域の一つです。山斜面、丘、森林はブドウ栽培に適した条件を備えています。ワインが造られるのは山の南斜面で、だいたい2,000ヘクタールに及びます。
地質は褐色森林土、レス土、粘土で、香り高く酸の強い白ワインが作られます。

マートラ

Mátra © by ringt

マートラ山の南斜面に広がる約8,000ヘクタールの産地で、ハンガリーでは2番目に大きなワイン産地です。この地域では古くからワインの生産が行われており、現在ではハンガリーのワイン輸出量の相当量をこのマートラ地域が占めています。穏やかな気候に火山性土壌であるこの地域ではフルボディーの上質な白ワインが作られています。

VELTRA
  • twitter

Copyright©ハンガリー旅行入門 2017 All Rights Reserved.